経営情報システム

経営情報システム

中小企業診断士:2017年度経営情報システム(21-25)

【第21問】 システム開発の成功のためには、プロジェクトの予算と実績の差異分析が重要になる。その手法のつにアーンド・バリュー分析がある。アーンド・バリュー分析では、AC(Actual Cost:コスト ...

経営情報システム

中小企業診断士:2017年度経営情報システム(16-20)

【第16問】 データベースに蓄積されたデータを有効活用するためにデータウェアハウスの構築が求められている。 データウェアハウスの構築、運用あるいはデータ分析手法などに関する記述として、最も適切なものは ...

経営情報システム

中小企業診断士:2017年度経営情報システム(11-15)

【第11問】 インターネットを利用している事業所で、ネットワークに接続された端末や周辺機器の設置場所変更や増設を行おうとする場合、そのために使用するネットワーク機器の選定や各種設定作業が必要となる。 ...

経営情報システム

中小企業診断士:2017年度経営情報システム(6-10)

【第6問】 業務処理には表計算ソフトウェアがよく利用されるが、プログラムを作成することによって、より効率的に業務を遂行できる場合がある。プログラム作成において変数を利用する際、データ型の定義が行われる ...

経営情報システム

中小企業診断士:2017年度経営情報システム(1-5)

【第1問】 パーソナルコンピュータ(PC)内部には、バスやインタフェースと呼ばれる伝送経路がある。その機能改善によりスループットの向上が期待できるので、PC の導入に当たっては、伝送経路の機能にも配慮 ...

経営情報システム

中小企業診断士:2018年度経営情報システム(21-25)

【第21問】 中小企業が外注によって情報システムを開発する場合、外注先に任せきりにするのではなく、情報システムのテストに留意するなど、当事者意識を持つ必要がある。 テストに関する記述として最も適切なも ...

経営情報システム

中小企業診断士:2018年度経営情報システム(16-20)

【第16問】 CMMI(Capability Maturity Model Integration)を使って、ソフトウェア開発組織の成熟度を 5 段階のレベルで表現し、開発プロセスの改善に役立てること ...

経営情報システム

中小企業診断士:2018年度経営情報システム(11-15)

【第11問】 情報システムの評価指標に関する記述として、最も適切なものはどれか。 〔解答群〕 $\displaystyle \frac{ MTBF }{ MTBF + MTTR }$の値が大きいほど、 ...

経営情報システム

中小企業診断士:2018年度経営情報システム(6-10)

【第6問】 Web 環境におけるソフトウェア開発においては、開発目的に応じて利用可能なさまざまなプログラミング言語などを組み合わせて実現していくことが必要になる。以下の①~④の記述と、それらに対応する ...

経営情報システム

中小企業診断士:2018年度経営情報システム(1-5)

【第1問】 パーソナルコンピュータ(PC)の利用においては、業務内容に応じてハードディスクドライブ(HDD)などのさまざまな種類の周辺機器を PC 本体に接続することがある。周辺機器を接続するインタフ ...

Copyright© ごん太の自習室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.