未分類

カロリーと水分をモニタリングするスマートウォッチGoBe3登場!!

本日は「GoBe3」の紹介をしていきます。
なぜこのスマートウォッチを紹介したいかというと、ほかのスマートウォッチにはない機能があるからです。それでは、どのような機能があるか、解説していきます。

Healbe引用

 

 

目次

  1. 摂取したカロリーを知ることができる
  2. 消費カロリーと摂取カロリーを知ることができる
  3. 体内の水分を監視することができる
  4. ストレスレベルを知ることができる
  5. 睡眠の質を知ることができる
  6. 心拍数を知ることができる
  7. 万歩計として使うことができる

 

1.摂取したカロリーを知ることができる

今までは自分の食べたカロリーは計算することはできましたが、自分の体に取り込んだカロリーは知ることができませんでした。

GoBe3は食事をすることによって体内に取り込んだカロリーを自動的に表示してくれます。

ざっくりとGoBe3の仕組みを述べると、生体電位インピーダンス※と独自の特許技術HEALBE FLOW™を使用して、食事のカロリーを計算しています。具体的な仕組みは下記に記述します。

(※生体電位インピーダンス:からだの電気の流れやすさ)

 

どうやって体に取り込んだカロリーを知るの?

文字と絵で説明していきます。

  1. 飲み物や食べ物を摂取します。
  2. 摂取した食べ物や飲み物は消化されて腸に届き、酵素が食べ物を分解します。
  3. 消化にかかる時間は、食べたものや代謝の速さによって異なります。
    ・炭水化物はすぐに吸収され、グルコース曲線の急激な上昇を引き起こす。
    ・タンパク質と脂肪はブドウ糖の吸収に影響を与え、吸収に時間がかかります。
  4. ブドウ糖の濃度が上昇すると、細胞は水と一緒にそれを吸収します。
  5. Gobe3は、細胞外液の動きを皮膚を介して高低周波数の信号を送信する生体電位センサーを使用して、グルコースカーブに基づいてカロリー摂取量を計算することで、経時的な栄養摂取量を把握します。
  6. 消化したカロリーをグラフ化します。

 

Healbe引用

 

 

2.消費カロリーと摂取カロリーを知ることができる

GoBe3は、消費・摂取カロリーをモニターし、スマートウォッチとHEALBEアプリに表示してくれます。

このカロリーのバランスを知ることで、自分に必要な運動や食事を見直すことができ、体調をコントロールすることができます。

一般に販売されているスマートウォッチは運動した量からカロリーを計算していますが、GoBe3はより正確に消費カロリーを知ることができます。

 

どうやって消費・摂取カロリーを知るの?

摂取カロリーに関しては、「1. 摂取したカロリーを知ることができる」に紹介しましたので、ここでは省略させていただきます。

なので、ここでは消費カロリーをどのように知ることができるのかを紹介していきます。

一般に消費カロリーとは次の4つを合計したカロリーのことを言います。

  • 基礎代謝の消費カロリー
  • 筋肉活動による消費カロリー
  • 食品消化による消費カロリー
  • 体温調節による消費カロリー

それぞれをどのように計測しているかを説明していきます。

  • 基礎代謝の消費カロリー
    基礎代謝に必要なカロリーの量は、体重、身長、性別、年齢などの人間学的パラメータを使用して医学研究所式によって計算します。
  • 筋肉活動による消費カロリー
    内蔵の精密加速度計によって提供されるデータに基づいて計算します。
  • 食品消化による消費カロリー
    栄養素摂取量分析によって計算します。
  • 体温調節による消費カロリー
    割合が低いため計算していません。

消費カロリーは上記の4つ(実質3つ)を合計した値を使っています。

 

 

消費・摂取カロリーのそれぞれの値を得ることによって、カロリーバランスを知ることができます。

 

3. 体内の水分を監視することができる

GoBe3は、水分補給レベルをモニターすることで、必要とする水分量を把握します。必要に応じて水分補給をお知らせしてくれます。

 

どうやって水分量を知るの?
  1. GoBe3はいくつかのパラメータを基準に水分レベルを計算します。
  • バイオインピーダンスセンサーで流体細胞のレベルを計算し、消費されたエネルギー量を計算します。
  • 加速度計は、歩数と全体的な身体活動を測定します。
  • 性別、体重、年齢などの個人的な特徴も考慮します。

2. GoBeのアルゴリズムはデータをもとに、水分補給を促してくれます。

Healbe引用

 

4. ストレスレベルを知ることができる

GoBe3の独占技術によって、自分の感情をよりよく理解し、ストレスのレベルを知ることができます。

 

どうやってストレスレベルを知るの?
  1. ピエゾセンサで高い心拍数を検知します
  2. 加速度センサで体の活動情報を検知します
  3. 睡眠の質や時間帯の変化などのデータでストレス度を補正します。
  4. 得られたデータをもとにストレスレベルを算出します。

Healbe引用

 

5. 睡眠の質を知ることができる

GoBe3は、規則性、持続時間、不安感、起床回数、レム相の数など、夜の睡眠の多くの要素を考慮しています。

夜の睡眠の質を常に意識することができ、スマートアラーム機能で目覚めが楽に楽しくなります!

GoBe3は、HEALBEの特許取得済みFLOW™テクノロジーを使用して、睡眠パターンの詳細情報を含む全身の健康に関する包括的な洞察を提供します。

 

どうやって睡眠の質を知るの?

センサーに皮膚を接触させることで、睡眠の質と期間に関する詳細な生理学的データを得ることができます。GoBe3は、一晩中の心拍数と運動行動を測定することで、睡眠分析を提供します。睡眠中に心拍数が変化することが知られており、GoBe3の特定のアルゴリズムはそれを考慮しています。

通常の睡眠は周期的なもので、4~6回のサイクルがあり、その中には2つのフェーズがあります。レム睡眠は約10~15分、ノンレム睡眠は約70分です。体は充電し、免疫システムを強化し、ノンレムの間に休息を取ります。

レムサイクルの間は、脳の活動が変化し、閉じたまぶたの下で目が急速に動きます。できるだけリフレッシュして目を覚ますためには、レム期の終わりに近いタイミングで行うと良いでしょう。

GoBe3は毎晩、あなたの体のパラメータをモニターして、睡眠相とその期間の完全なデータレポートを提供します。アプリ内では、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルがマップされたタイムスケールが表示されます。この情報を使用して、十分に休息していると感じる適切な時間に目が覚めているかどうかを判断することができます。

 

6. 心拍数を知ることができる

光学モニターを使用してデバイスを装着している間、継続的に心拍数をモニターします。

これは他のスマートウォッチと一緒の機能ですね。

GoBe2では、身体活動指数と心拍数で測定される安静時の血圧を表示することができるらしいので、血圧もわかると血管の状態を知ることができますね。

 

7. 万歩計として使うことができる

歩数と距離データの計算は、手の動きを読み取る独自のアルゴリズムに基づいています。計算をより正確にするために、GoBe3は身長と歩幅も考慮に入れています。

これも、他のスマートウォッチと一緒の機能ですね。

どのくらいほかのスマートウォッチと違うかはわかりませんが、それほど大きくは変わらないのではないでしょうか?

GPSの機能はないため、正確な距離はGPS機能付きのスマートウォッチのほうがいいような気がします。

 

 

今後

今回はGoBe3の紹介をしました。次回はその購入方法等を書いていきたいと思います。

-未分類

Copyright© ごん太の自習室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.