経営法務

経営法務

中小企業診断士:2018年度経営法務(21-23)

【第21問】 下図は、2016 年 7 月 14 日現在における、東京証券取引所に上場している企業が採用している機関設計の割合を、市場区分等別に集計したものである。空欄A〜Cに入る語句の組み合わせとし ...

経営法務

中小企業診断士:2018年度経営法務(16-20)

【第16問】 次の者のうち、時効を援用することができる者として、最も不適切なものはどれか。 〔解答群〕 主債務の消滅時効につき、保証人。 土地の取得時効につき、当該土地の時効取得者から土地上の建物を賃 ...

経営法務

中小企業診断士:2018年度経営法務(11-15)

【第11問】 不正競争防止法に関する記述として、最も適切なものはどれか。 〔解答群〕 真正品が外国で最初に販売された日から 3 年を経過すれば、不正競争法防止法第 2 条第 1 項第 3 号に規定する ...

経営法務

中小企業診断士:2018年度経営法務(6-10)

【第6問】 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたと、ベンチャー企業であるX株式会社の普通株主であり、かつ、代表取締役である、甲氏との間で行われたものである。会話の中の空欄に入る記述として、最も適切 ...

経営法務

中小企業診断士:2018年度経営法務(1-5)

【第1問】 合同会社は、当事者間で最適な利害状況を自由に設定することを可能とすることによって、事業の円滑な実施を図り、法規制による保護ではなく、利害関係者の自己責任による問題解決に委ねるという会社類型 ...

経営法務

中小企業診断士:2019年度経営法務(21-22)

【第21問】 遺言に関する記述として、最も適切なものはどれか。 〔解答群〕 遺言者が、遺言において、「この遺言を撤回しない」と意思表示しても、遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言を撤回する ...

経営法務

中小企業診断士:2019年度経営法務(16-20)

【第16問】 中小企業診断士であるあなたと株式会社Xの代表取締役甲氏との間の以下の会話を読んで、下記の設問に答えよ。 甲 氏:「弊社は、現在、自社ブランド製品について、外国の販売業者と取引を開始しよう ...

経営法務

中小企業診断士:2019年度経営法務(11-15)

【第11問】 著作権の保護期間に関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、各記述の自然人の死亡年は、それぞれの著作物の公表年より遅いものとする。 〔解答群〕 2000 年 8 月 4 日に公表さ ...

経営法務

中小企業診断士:2019年度経営法務(6-10)

【第6問】 X株式会社(以下「X社」という。)は、取締役会及び監査役会を設置している会社(公開会社ではなく、かつ大会社ではない)である。 中小企業診断士であるあなたは、2019 年 1 月に、今年(2 ...

経営法務

中小企業診断士:2019年度経営法務(1-5)

【第1問】 合同会社、合名会社、合資会社の比較に関する記述として、最も適切なものはどれか。 〔解答群〕 合同会社、合名会社、合資会社のいずれの会社も、会社成立後に新たに社員を加入させることができる。 ...

Copyright© ごん太の自習室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.